WEB予約
外来受付058-387-6110 訪問受付058-388-5220

休診日:木曜・日曜(祝日がある週の木曜日は診療しております)

歯周病治療

Periodontal treatment

歯周病とは

正常:健康な歯肉、健康な歯槽骨。歯周病:歯垢、歯石、歯肉の腫れや出血、歯槽骨が溶け出す

歯周病とは、歯垢(プラーク:細菌の塊)によって歯を支える骨や歯肉との付着が失われる病気です。
歯周病は歯を失う最大の原因と言われており、統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

痛みなどの自覚症状が出にくく、症状が顕著に出る状態にまで放置してしまうと既に歯周病が進行した状態になってしまっています。

長い期間をかけて徐々に進行し最後には歯が抜けてしまいます。初期の頃は痛みも無く歯ぐきからの出血、口臭程度でほとんど自覚症状がありません。ある程度悪化してから噛めない、腫れている、歯が動く、隙間ができた、歯並びが変わった、などで歯周病だと気づきます。

歯周病の進行

歯周病の進行段階は、下の図のように、大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。

正常、歯肉炎、軽度歯周炎、中度歯周炎、重度歯周炎
歯周病のステージ 症状
歯肉炎 歯肉が赤くなってツヤが出たり、腫れたりする。歯磨きの際に出血することがある。
鳩歯肉の隙間にたまった歯垢が原因で、歯肉が炎症を起こした状態。
軽度歯周炎 歯肉の腫れがひどくなり、歯磨きをすると出血する。
歯と歯茎の間に「刺繍ポケット」という隙間ができ、歯の土台の骨が溶け始める。
中度歯周炎 歯がぐらつき始め、硬いものは食べにくくなる。
歯の土台の骨が更に溶けていき、刺繍ポケットは更に深くなる。
重度歯周炎 歯肉が腫れて膿が出始める。放置し続けると歯が抜ける。
このとき歯の土台の骨は半分以上溶けている。

歯周病の原因はプラークですので、歯周病の重症度によらず、日々の歯磨き(ブラッシング)が最も重要な治療となります。
軽度歯周炎で歯石が沈着している場合は、専用の機械・器具を使って歯石を除去します。
中等度以上進行してしまった場合には、外科的な処置が必要となることが多いため、お早めにご相談下さい。

歯周病のメンテナンスについて

歯周病のメンテナンスについて

歯周病の治療は、大きく二つに分けられます。症状を改善しようと患者さま自身が努力して行う「セルフケア」と、歯科医師・歯科衛生士による治療「プロフェッショナルケア」です。

歯科医院で受けるプロフェッショナルケアのみでは、歯周病は改善しません。歯周病治療において、「プロに任せていれば良い」という考え方は避けたほうが良いでしょう。

患者さま自身が行うセルフケアなくして、歯周病の改善は成し得ません。つまり歯周病は、患者さまが積極的に治療に参加し、歯科医師・歯科衛生士とともに症状を改善していく気持ちがあって初めて改善できるものなのです。

もちろん、サポートは私たちプロが精一杯行います。大変なこともあるかもしれませんが、是非私たちと一緒に歯周病治療に取り組んでいきましょう。

お電話はこちらから

〒501-6035
岐阜県羽島郡笠松町円城寺873番地
*駐車場10台完備

診療時間
8:30 - 17:30(17:00 最終受付) / / /
8:30 - 13:00(12:30 最終受付) / / / / / /

休診日:木曜・日曜(祝日がある週の木曜日は診療しております)